入れ歯・ブリッジ

歯を失ってしまった方へ

むし歯や歯周病などの病気、加齢、事故などにより失った歯をそのままにしていると、お口まわりの印象が悪くなるだけでなく、お口の中や全身の健康に対して様々な悪影響をおよぼす可能性があります。なので、歯を失った時にはできるだけ早く歯科医院を受診し、適切な治療を受けるようにしてください。

歯を失った場合の治療方法として、入れ歯やブリッジなどがありますが、一般的に失った歯の数が1~2本程度の場合には、ブリッジを選択します。失った歯の数が多かったり、奥歯などブリッジが使用できない部分の歯を失ったりした場合などには、通常入れ歯を選択します。

入れ歯・義歯をお考えの方は、茨木市の林歯科医院までお越しください。

失った歯をそのままにしていると…

歯を失った部分に歯垢(プラーク)などの汚れが溜まり、むし歯や歯周病のリスクが高まる
歯を失った部分の両隣の歯が傾く
噛み合わせが乱れて、歯並びが悪くなる
他の健康な歯に負担がかかる
ものをしっかりと噛むことができなくなり、胃や腸などの消化器官に負担がかかる

入れ歯の種類比較表

種類画像ポイント素材違和感メリットデメリット
ノンクラスプデンチャー ノンクラスプデンチャー 金属のバネ(クラスプ)を使用しないので、審美性に優れている ナイロン かなり少ない 金属のバネがないので、入れ歯を装着していることが気づかれにくい
装着時の違和感が少ない
金属アレルギーの心配がない
調整が難しい
金属床義歯 金属床義歯 入れ歯を薄く作ることができるため、装着時の違和感が少ない 入れ歯の床部分にチタン・コバルトクロムなどの金属を使用 少ない 薄く作ることができるため、違和感が少ない
金属を使用しているので、耐久性に優れている
金属を使用しているので、熱伝導に優れている
使用する金属の種類によっては、金属アレルギーの原因となる可能性がある

プラスチックの入れ歯(保険の入れ歯)

プラスチックの入れ歯(保険の入れ歯)

※手前から半分が保険の入れ歯です。

保険適用 床部分にプラスチックを使用 違和感がある 保険適用なので、費用を抑えることができる
調整が簡単
装着時の違和感が大きい
安定的にものを噛むことができない
割れたり、変形したりすることがある
スルフォン床義歯 スルフォン床義歯 プラスチックの入れ歯よりも薄く作ることができる 床部分にポリカーボネート(プラスチック樹脂)を使用 プラスチックの入れ歯よりは違和感が少ない 保険適用なので、費用を抑えることができる
プラスチックの入れ歯よりも薄く作ることができる
臭いの付着や変色が少ない
プラスチックの入れ歯よりも費用がかかる
種類ノンクラスプデンチャー
画像 ノンクラスプデンチャー
ポイント 金属のバネ(クラスプ)を使用しないので、審美性に優れている
素材 ナイロン
違和感 かなり少ない
メリット 金属のバネがないので、入れ歯を装着していることが気づかれにくい
装着時の違和感が少ない
金属アレルギーの心配がない
デメリット 調整が難しい
種類金属床義歯
画像 金属床義歯
ポイント 入れ歯を薄く作ることができるため、装着時の違和感が少ない
素材 入れ歯の床部分にチタン・コバルトクロムなどの金属を使用
違和感 少ない
メリット 薄く作ることができるため、違和感が少ない
金属を使用しているので、耐久性に優れている
金属を使用しているので、熱伝導に優れている
デメリット 使用する金属の種類によっては、金属アレルギーの原因となる可能性がある
種類プラスチックの入れ歯(保険の入れ歯)
画像 プラスチックの入れ歯(保険の入れ歯)
ポイント 保険適用
素材 床部分にプラスチックを使用
違和感 違和感がある
メリット 保険適用なので、費用を抑えることができる
調整が簡単
デメリット 装着時の違和感が大きい
安定的にものを噛むことができない
割れたり、変形したりすることがある
種類スルフォン床義歯
画像 スルフォン床義歯
ポイント プラスチックの入れ歯よりも薄く作ることができる
素材 床部分にポリカーボネート(プラスチック樹脂)を使用
違和感 プラスチックの入れ歯よりは違和感が少ない
メリット 保険適用なので、費用を抑えることができる
プラスチックの入れ歯よりも薄く作ることができる
臭いの付着や変色が少ない
デメリット プラスチックの入れ歯よりも費用がかかる

ブリッジとは

ブリッジとは、歯を失った部分の両隣の歯を削り、それを支えとして人工歯を装着する方法です。健康な歯を削らなくてはいけなせんが、入れ歯よりも違和感が少なく、さらに入れ歯よりも噛合力を回復させることが可能です。失った歯が1~2本程度の場合などによく使用されます。

ブリッジ・差し歯をお考えの方は、茨木市の林歯科医院までご相談下さい。

ブリッジとは

メリット

  • お口まわりの審美性を損なわない
  • 装着時の違和感が少ない
  • 噛合力が高い
  • 保険適用の場合、費用を抑えることができる

デメリット

  • 支えとなる歯を削らなくてはいけない
072-623-0666 お問い合わせはこちら