歯周病

歯周病とは

歯周病とは、「歯茎」「セメント質」「歯根膜」「歯槽骨」から構成される歯周組織が歯周病菌によって破壊される病気です。健康な歯であっても、歯と歯茎の境目には0.5~2mm程度の隙間があります。この隙間のことを「歯肉溝」と言い、ブラッシングを怠るなどして、歯肉溝付近に歯垢や歯石が溜まると歯周病菌が棲みつき、炎症を引き起こします。この歯周病菌が歯周病の原因となります。

多くの場合、歯周病ははっきりとした自覚症状がないまま進行し、少しずつ重症化していきます。そのまま放置していると、歯茎が腫れて痛みや出血を繰り返すようになり、歯槽骨が溶けて支えを失った歯が抜け落ちてしまうこともあります。現在、日本の成人の80%が何らかの形で歯周病にかかっているとされており、歯を失う一番の原因であると言われています。歯周病の治療や予防なら、茨木市の林歯科医院へお越しください。

歯周病の症状

歯茎が腫れている
ブラッシング時に歯茎から血が出る
口の中がネバネバしている
歯が長くなってきた(歯茎が下がってきた)
冷たいものや甘いものがしみる
歯茎から膿が出る
口臭がする
歯がぐらぐらと動く

歯周病の進行

歯肉溝が深くなったものを「歯周ポケット」と言い、「歯肉炎」「軽度歯周炎」「中等度歯周炎」「重度歯周炎」と症状が進行するごとに深くなります。歯周病では、この歯周ポケットの深さが進行度合いの1つの目安となります。

健康な歯周組織

歯周ポケットの深さは0.5~2mm程度で、歯茎は引き締まった状態です。

歯肉炎

歯周ポケットの深さは2~3mm程度で、歯茎が赤く腫れたり出血したりすることもありますが、まだ歯槽骨は溶けていない状態です。

軽度歯周炎

歯周ポケットの深さは3~5mm程度で、歯茎の腫れがひどくなり、歯槽骨や歯根膜が溶け始めます。

中等度歯周炎

歯周ポケットの深さは4~7mm程度で、歯槽骨が歯根(歯の根っこ)の半分程度まで溶かされ、歯がぐらついたり、膿が出て口臭が発生したりするようになります。また、硬いものを噛んだ時などに痛みを感じるようになります。

重度歯周炎

歯周ポケットの深さが6mm以上になり、歯槽骨が歯根の半分以上まで溶かされ、歯がぐらぐらと動くようになりしっかりとものを噛むことできなくなるため、食事に支障をきたすようになります。このまま放置すると、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

CO2レーザーによる歯周病治療

茨木市の林歯科医院では、歯周病治療の際にCO2レーザーを使用しています。

スケーリングやルートプレーニングなどの従来の歯周基本治療では、歯周ポケットが深かったり、複雑な形をしていたりする場合などには、細菌を完全に除去することは難しかったのですが、CO2レーザーであれば、従来の治療では届かなかったような深い歯周ポケットに対しても、適切な処置を行うことが可能となります。さらにほとんど痛みがない状態で治療が行えるため、麻酔の必要がなく、治療と並行して患部への殺菌・消毒・消炎が可能なので、治療後の治癒を早めることができます。

結果、患者様の負担を軽減し、短期間で歯周病の症状を改善することができます。

072-623-0666 お問い合わせはこちら